塾長雑感 第8回 Windows 365 2021年12月04日 269

 Microsoftは2019年9月30日、これからWindows10/11は、次の方法でユーザーに提供すると正式に発表しました。利用料金を毎月毎月ウチに払う契約をしてもらうし、さらに強制的にウチのデータセンターへリモート操作しにきてもらうし、と。それはあたかも「Windows」はもう誰にも渡さない、と宣言したかの様に見えて、激震が走ったものです。なぜならMicrosoftが巨万の富を築くことができたのは、「Windows」を強制的にユーザーに「購入」「所有」させるという戦略のおかげだったはずなんですから。PC本体がメーカー製だったらバンドルで、自作機だったらライセンスで、っていう。それをここにきて「サブスク リモート」にしますって一体何があったんだMicrosoft???と。

 しかしながら私にとってみればそれは全くの逆、嬉しい気持で驚きました。というのも、2011年からずっとこの「サブスク リモート」形式こそがユーザーの利益を最大限にするはずだと考えて「oneSERIES」を提供してきて…、遂にあのMicrosoftがそれを認めてくれたような気持になったからです。

 サービス内容は以下のような関係性になります。
Windows 365(クラウド PC)(←クリック) = onePCシングル(←クリック)
Azure Virtual Desktop(←クリック) =onePCシングル onePCマルチ(←各クリック)

 「賃貸」方式であれば、不具合を解消する責任が提供者側にあるとできることが多く、この点に限って言えば、所有する場合より利用者にとって有利だと言えます。例えば住居が賃貸の場合、換気扇等の不具合だっていつまでも家主に直してもらうことができます。こんな楽なことって無いと思うんです。所有する持ち家だと当たり前ですがこうはいきません。

 本家Microsoftより8年も早く同じサービスを提供しています。安心してお選び下さい。