oneSERIES 利用規約 2011年4月1日 999

株式会社 CloudOneは、oneSERIESを提供するにあたり、以下の通り利用規約を定めます。なお、oneSERIES利用者は、oneSERIESの利用を開始した時点で本利用規約に同意したものとみなします。

第1条(規約の適用)

1.株式会社 CloudOne(以下「当社」といいます)は、oneSERIES 利用規約を定め、これによりoneSERIES(以下「本サービス」といいます)を提供します。
2.当社は、利用者が本規約に違反したときは、本サービスの利用停止、当社の基準により算定した利用料金の請求、損害賠償の請求その他必要な措置、をとることができるものとします。

第2条(規約の変更)

1.当社は、この規約を変更することがあります。この場合は、変更前からの利用者につき、料金その他の提供条件が変更後の規約に依ることがあります。
2.この規約を変更するときは、当社は、当該変更により影響を受けることとなる利用者に対し、事前にその内容について通知します。

第3条(利用料金の支払い)

利用者は、別紙見積書の定めにしたがって、利用者が定める支払い方法により、本サービスの利用料金を遅滞なく支払うものとします。

第4条(最低利用期間)

本サービスの最低利用期間は設定しないものとします。

第5条(サービス利用の更新)

利用者の当社に対するその利用料金の支払が、2ヶ月連続で滞る場合を除き、本サービスは自動的に更新されるものとします。

第6条(サービス利用の解約)

利用者の当社に対するその利用料金の支払が、2ヶ月連続で滞った場合、本サービスは自動的に解約されるものとします。(故意も過失も含む)

第7条(パスワードの管理責任)

1.利用者は、当社が付与するパスワードの管理責任を負うものとします。
2.利用者は、パスワードを第三者に利用させてはいけません。
3.利用者は、パスワードを盗用され又は盗用される可能性がある事が判明した場合には、速やかに当社に届け出るものとします。
4.当社は、パスワードの管理不十分など、利用者の責めに帰すべき事由により利用者に生じた損害について一切責任を負わないものとします。

第8条(権利義務の譲渡制限)

利用者は、本サービス上の権利義務を譲渡することはできません。

第9条(サービスの品質保証の限定)

本サービスにおける、やむを得ない事情による品質保証の限定に関しては、以下の各号とします。
(1)常に可用ではないこと
(2)本サービスにより保存されたデータが、消失、毀損、破損、すること及び復元不可能であること

第10条(損害賠償)

当社は、当社の故意または重大な過失により、利用者に対し損害が生じた場合は、本サービス利用料金6ヶ月相当額を上限として利用者に生じた損害を賠償するものとします。

第11条(禁止行為)

利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の各号に定める行為を行ってはならないものとします。
(1)法令に違反する行為、またはそのおそれのある行為、またはそれを助長する行為、または助長するおそれのある行為
(2)公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為、またはそれを助長する行為、または助長するおそれのある行為
(3)当社又は本サービスの信用・名誉等をを毀損する行為、またはそのおそれのある行為
(4)本サービスを直接及び間接に利用する者の、当該利用に対して支障を与える行為、またはそのおそれのある行為
(5)利用者が本サービスにつき、当社の許諾なしに、別のサービスと組み合わせて提供する行為、または関連サービスを提供する行為、または再販売する行為、または転貸する行為
(6)本サービスを利用して、事前に許可を得ていない宛先に対して大量のメール等を配信する行為
(7)その他、当社が不適切と判断する行為

第12条(サービスの廃止)

1.当社は、当社の判断により、本サービスの全部又は一部を廃止することがあります。
2.当社は、前項の規定により本サービスの全部又は一部を廃止するときは、利用者に対し、廃止する日の1ヶ月前までに、その旨を通知します。

第13条(サービスの停止)

当社は、次に掲げる事由があるときは、利用者に事前に通知することなく、本サービスの提供を停止することがあります。
(1)当社の設備の、故障、障害、工事、等のためやむを得ないとき
(2)天災事変その他の非常事態が発生し、若しくは発生するおそれがあるとき
(3)当社の定める定期点検を行うとき

第14条(業務委託)

当社は、本サービスの提供に必要な業務の一部については、当社の指定する第三者に委託することができるものとします。

第15条(個人情報保護)

当社は、法令及び当社が別途定める機密情報保持誓約書に基づき、利用者の個人情報を適切に扱うものとします。

第16条(専属的合意管轄裁判所)

1.当社と利用者の間で紛争が生じた場合には、両者の間で誠意をもって協議するものとします。
2.前項の紛争に関しては、名古屋地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。