クラウド導入 まずは「共有フォルダ」から 2016年9月13日 248

クラウドの導入をお考えの場合には、何はともあれ、「共有フォルダ」のクラウド化をまず最初に考えてみて欲しい、と思うのです。パソコンやソフトウェアを先にクラウド化したいところではありますが、そこはぐっとこらえて…です。

パソコンの最新最良運用や柔軟なソフトウェア運用に、どうしても目を奪われがちになるものです。それも当然ですね、これらはこの業界のいわゆる花形にあたりますから…。

ただ、パソコンやソフトウェアのクラウド導入には、事前に様々な検証を積み重ねていく必要があるのも事実で、実際に導入するのに思いの外に時間が掛かってしまったり、関係各所の擦り合わせに手間取ってしまうこともしばしばです。

そんな時に、「共有フォルダ」をクラウドでも社内でもどちらでも利用できるようにしておきますと、全ての物事がスムーズに運ぶようになります。(クラウドと社内をソフトVPNで接続しますので社内でも今まで通りの共有フォルダが利用可能です)

もちろん、共有フォルダをクラウド化しておくことの単体の意義もあります。当社のクラウドは「丸ごと前日の状態に戻せます」が大きな特徴になっておりますので、通常のバックアップの必要性もなくなりますし、それまであったようなハードウェアトラブルが原因による利用停止状態も一切発生しなくなります。

一見、裏方にも思える「共有フォルダ」ではありますが、業務の土台であるとも言えます。最初にクラウド化しておくことを強くおススメする次第であります。(「oneServer」)