USBメモリをリモート接続への鍵として利用 2016年2月9日 127

USBメモリをリモート接続の為の「鍵」のように利用できないものか…。

自分のWindows環境へ接続する為の様々な情報が不可視化された「oneCONNECT」フォルダをUSBメモリ内に保存し、そのUSBメモリをお好みのPCに挿して、直接「oneCONNECT」を利用することで 簡単/安全 にリモート接続できるようになる仕組みを、私たちは考えたのです。

基本的には手元windowsPCのデスクトップ上などに保存して使用する「oneCONNECT」ではありますが、「oneCONNECT」フォルダをUSBメモリに保存して使用することも可能になっております。

ネットカフェのPCや他人のPCで、自分のWindows環境を開くことは大変気を遣うところではありますが、USBメモリを挿して、そのUSBメモリから直接「oneCONNECT」を開くことにより、その端末には大切な接続情報を一切残さないよう配慮されております。

USBメモリが拾われた場合等も想定し、接続する為のPINナンバーも設定しておりますので、万が一の際にも安心です。そして、一定回数、異なるPINナンバーを入力し続けた場合には全ての情報がリセットされるようになっております。